テニス肘・野球肘治療

テニス肘・野球肘は、新座市・朝霞・志木駅のまきの接骨院におまかせください!

テニスをされている方でバックハンドストロークが打てなくなってしまった方はいませんか?テニス肘は練習量が多いときや、フォームが悪い方に出やすい症状と言われています。テニス肘は片手打ちのバックハンドショットの際の衝撃が筋肉を伝い肘関節の外側の骨の付着部を引っ張っておきると言われています。
こうなるとバックハンドストロークはもちろん、カバンを持ったり、日常生活でも支障がでるようになり、お料理をする際のフライパンを持つ動作も出来なくなる方もいます。テニス肘テスト法

テニス肘かどうかのチェックは画像の様な動作で痛みが増すかどうかで確認できます。

一番大切なのは初期は安静にすることと、バックハンドの際のフォームを改善することなのですが、酷くなってしまった方は新座市・朝霞・志木駅のまきの接骨院にご相談ください。

しかし、バックはダブルハンドなのに痛みが出た方や明らかな原因や運動でなくても肘に痛みが出る方が意外と多いのも事実です。そういった来院で多いのは、40代以上の片手でモノを持つことが多い方などです。このような場合は徐々に肘の関節構造が硬くなってきている所に慢性的に負担がかかって痛めてしまうようです。また、姿勢が肘の痛みに影響することもあります。

ご自分の両肩の高さをCHECKしてみてください
多くの方が痛みを訴える側の腕は長くなっています。この様な場合は肘への治療だけではなく肩甲骨など肩周りのバランスを整えることが大切になります。保険治療に矯正をプラスすることで、肘以外の部分の調整もさせて頂きますので、早期に回復をさせたい方は保険治療に矯正もプラスして受けられることをおすすめします。

この他にも、野球肘やゴルフ肘と呼ばれる肘の内側に痛みが出る症状を訴えて来院する方もいらっしゃいます。テニス肘同様に姿勢や腕の筋肉などしっかりチェックして根本原因を探していきます。

更に、まきの接骨院のメディセル筋膜療法なら肘の痛みを改善させるだけでなく原因である筋肉を見つけることができます。これは、悪い部分が組織の循環不良が起きているためメディセルをかけると皮膚が赤くなるのです。つまり、筋膜の癒着部位の特定や筋膜の流れを作ることで動作を改善することが出来ます。

肘の痛みは時間がかかることもありますが、ほとんどの方が回復します。
安心してご来院ください!

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒352-0001 埼玉県新座市東北2-35-9-102
駐車場なし 近隣にコインパーキングがございます
電話番号048-487-1832
予約お電話・メールでのご予約が可能です。(※自費治療は要予約)
休診日日曜、祝日、木曜午前中