Blog記事一覧 > スタッフブログ > スティッキングポイントって知ってますか?

スティッキングポイントって知ってますか?

2017.05.09 | Category: スタッフブログ

スティッキングポイントって知ってますか?

トレーニング用語なのですが、ウェイトを挙げたりするときに一番キツイところのことです。

ベンチプレスをした時を想像してみましょう

ウェイトをセットしてベンチに寝ころびます

グリップや身体の位置をセットしてウェイトを持ち上げます

ずしりとかかるウェイトを両腕で支持し集中!

息を止めて、胸までバーを下ろします

次に一気に上まで持ち挙げます

これで1REP(1回)

次に2REP目に入ります
こうやって繰り返しウェイトを挙げるのですが、例えば10RMなら11REP目でつぶれてしまいます。(10RMとは10回が限界の重さのこと)

ここで想像して下さい。
11REP目に入り胸までバーを下ろし、一気に挙げようとした時にどこまで上げられますか?

胸から1cmも上げられませんか?それとも胸から10cm~15cmくらいで引っかかりませんか?ふつうは胸から少し挙がったところで引っかかるはずです。肘が90度くらい

この挙げられなくなる所のことをスティッキングポイントと言います。

実は補助についてもらってこのスティッキンングポイントを通り越すように手伝ってもらえばあと数回トレーニングが可能になります(専門的にはスリー・モア・レプスと言います)

ブリッジを使うことで自分でもここを通過させることができます。(チーティング)

ではなぜスティッキングポイントがあるのでしょうか?

この答えは関節の角度によって発揮できる力は変わるからです

筋力自体は変わらない(もちろん筋疲労はします)ので、身体の構造上発揮しにくい角度があるのです。このへんは物理学ですね

ですからベンチのMAXが変わらずに悩んでいる方はこのスティッキングポイント周辺での筋力強化が重要になります。テクニック的にはアイソメトリックやネガティブでその周辺をトレーニングするのが一番ですね。

まきの院長はもともと、トレーニング指導が仕事だったのでトレーニング指導の専門家でもあります。トレーニングのアドバイスもお任せくださいね!

※ストレッチに関してもこのスティッキングポイント的なものがあると思います

その部分さえ伸びればもう少し可動域が増えるのです

トレーニング中級者向けのブログになりましたが、わからないことがあればコメント下さい

新座市志木駅まきの接骨院

048-487-1832

当院へのアクセス情報

所在地〒352-0001 埼玉県新座市東北2-35-9-102
駐車場なし 近隣にコインパーキングがございます
電話番号048-487-1832
予約お電話・メールでのご予約が可能です。(※自費治療は要予約)
休診日日曜、祝日、木曜午前中