Blog記事一覧 > 症例報告 > 股関節臼蓋形成不全のオペ10年後に痛み再発?

股関節臼蓋形成不全のオペ10年後に痛み再発?

2017.09.12 | Category: 症例報告

今日は整体に来院された方の施術報告しますね

その方の症状は両肘内側の痛み、両膝内側の痛み、右股関節の痛みです

股関節は10年前にオペしています

臼蓋形成不全で、軟骨がすり減り、大腿骨の先端に孔が開いてしまった

股関節のはまりが悪いのできちんと支えられるようにするために大腿骨を切り角度を調整して股関節に負担がかからない様にする手術を受けたそうです。(股関節のはまりではなく力のかかる部位を避けるため?)

しかし、医師に10~15年後くらいに痛みが出たら再手術が必要と言われていて、10年過ぎているとのこと。

予言?呪い?どおりに、この一週間で股関節の痛みが出てきたらしいです。

確かに股関節は完全に内股になっており全然開かなくなっています。

ついでに肩こりもあります。腰痛は無いとのことでした。

昔の痛みとは言え最近痛みが強くでてきたので健康保険適用なのですが、その方は早く治したいとの要望でしたので整体で治療することになりました。

初診の方は整体コースではたいてい1時間かかります。

なぜなら問診とカウンセリングに力を入れているからです。

そこで正しい知識を学んで頂くことで治療効果につなげています

今日の方はカウンセリングの方が施術より長いくらいでしたWW

まあ、私の整体ではよくありますけどね。

しかし、帰りには表情も明るくなり身体が軽くなったと喜んでいただけましたよ。

もちろん、歪みをチェックし症状を出している筋肉をほぐすことも忘れません。

整体が必要なら週に2回ほどでも来る!とのことなので3日後に施術を予約されて帰られました。

ご本人は手術をしたくないとのことなので、そうできるように施術します。

根本治癒の為の特別なテクニックも伝授したので、今日を境に良くなると思います。

3日後が楽しみです。

   

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒352-0001 埼玉県新座市東北2-35-9-102
駐車場なし 近隣にコインパーキングがございます
電話番号048-487-1832
予約お電話・メールでのご予約が可能です。(※自費治療は要予約)
休診日日曜、祝日、木曜午前中