ホーム > Blog記事一覧 > 2017 5月の記事一覧

長時間座っていて、立ち上がった瞬間の腰痛

2017.05.16 | Category: 症例報告

長時間座ってパソコンをしていて、立ち上がろうとした瞬間腰痛になったが来院されました。

このパターンで腰痛になる方って結構いらっしゃいます。

昨日来院されたその方は歩くのも辛そうで、腰痛ベルトを巻いて奥様に連れてきていただていました。

問診や検査をしていくと、このパターンでよく原因になる筋肉が怪しいと思ったので施術を開始しました

まずは電気治療です。筋肉をほぐしたり血行を改善します。

その後施術開始です。腰やお尻やハムをマッサージです。

筋肉は硬いですが、これは腰をかばって動いていたための筋緊張といった感じです、どうも腰痛とは関係なさそうです。

 

そうなんです。

 

妖怪ウォッチ風に言うなら『長時間座っていて急に立ち上がった瞬間に腰がギックリしまった』案件の場合は腰が原因ではありません。

腰を触って腰が原因ではないと確信を得た僕はこう言います

『これ絶対、○○筋のせいだよ~!!』

もちろん心の中の叫びです

○○筋に触れてみると硬い!

そこからは様々なテクニックを使ってゆるめていきます

数分間のマッサージを終えて起き上がってもらいます。

立位でピンと伸ばせなかった腰がほぼ真っ直ぐになりました

痛みも激減し今は違和感が残る程度とのことでした

実はもう一つあやしい筋肉があるのですが、まあこれは痛みが持続するなら介入してみます

今日はこれくらいで十分なのでまた明日来て頂く約束をしました。

 

患者さんはかなり痛みが引いたようで喜んでいらっしゃいました

最後にベルトは着けずにいつも通りの生活を続けるようにアドバイスをして終了しました。

もし、この案件でお困りならお気軽にご相談くださいね

※保険治療では腰部の痛みに対して腰部へしか介入できないルールなのです

つまり腰の痛みは腰へのマッサージなどしか認められないのです。

そこで矯正(自費治療プラス¥540)を足させていただきました

ストレッチの前にストレッチをしよう!

2017.05.09 | Category: スタッフブログ

先日のブログ【スティッキングポイント】はご理解いただけましたか?

要するに、関節の角度によって発揮できる力が変わるためにベンチプレスなどのトレーニングは、自分の一番弱い筋出力のウェイトしか扱えてないという事。

つまりそのスティッキングポイント以外ではもう少し重くても大丈夫なんです。

ピンと来た人もいるでしょうが、補助つけてスティッキングポイントだけサポートしてもらえば、いつもより重くてもトレーニングできますよ。筋力アップしたい方はやる価値ありです(ケガ注意)

そして今日のお話はストレッチにもスティッキングポイントと呼んでもいいところがあるのではないか?という事です。

筋肉を伸ばすにはストレッチをすることが一般的ですよね。

しかし、いくらストレッチしてもあまり柔軟性が上がらないという方はいませんか?

効果が出ないし、痛いからストレッチはやりたくない!なんて方も多いのではないでしょうか?

まきの院長の考えでは筋肉を伸ばそうとすると筋肉全体に伸ばす力が働きます

図のストレッチなら【ももうら】や【ふくらはぎ】全体が伸びます

実はこの時にももうらとふくらはぎ全体が伸びているなら正常な筋肉の方です

たいていの方は1部位や2部位ほどピンと張って伸びない部分があると思います。

この様な方はただ伸ばす様なストレッチでは効果が出にくいと言えるでしょう。

筋肉は筋繊維という組織の集まりです。例えば、筋組織が損傷した方はどうでしょうか?

過去に肉離れをした方は筋断裂を起こした部位は瘢痕組織という硬い組織に置き換わります

簡単に言うと筋肉内にストレッチされない部位が出来てしまうのです。

またコリはどうでしょう?これらも当然筋肉が縮んでしまいストレッチされません。トリガーポイントも伸びにくいですよね

要するにどこかケガしてたりこり硬まっている部位があるとストレッチ効果が出にくいという事です。ストレッチをしても固まっている部分の柔軟性がないおかげで、その部位の上下が伸びるだけなのです。

ここで必要なのが硬い部位をストレッチ【解除】することです

先ほども言った通り、瘢痕組織はどうしようもないのでそれ以外を伸ばすしかありませんが、筋肉の痙攣やトリガーポイントなどは解除が可能です。

まきの院長が使っている手技テクニックに一つにASTRというものがあります

痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR―軟部組織へのシンプルで効果的なアプローチ 痛みの臨床に役立つ手技療法ASTR―軟部組織へのシンプルで効果的なアプローチ

Amazon

ASTRはこのような症状に効果があります。言うならば超限局的なストレッチテクニックですかね。きちんとできればその場で効果を実感できます。

問題は痛い!ということですね(笑)

筋肉のある一点を強力にストレッチすれば一時的に解除できます。その後にストレッチを行うといい状態でストレッチできます。

まきの院長のおすすめのストレッチは、

ストレッチの前にストレッチをする!!なのです(笑)

スティッキングポイントという名前ではないですが、【可動域を限定させてしまうその筋肉の最も硬い部位】と考えられると思いませんか?

柔軟性UPのため、コリ過ぎて可動域制限がある方におすすめです。

ASTR体験したい方はご相談くださいね!

 

スティッキングポイントって知ってますか?

2017.05.09 | Category: スタッフブログ

スティッキングポイントって知ってますか?

トレーニング用語なのですが、ウェイトを挙げたりするときに一番キツイところのことです。

ベンチプレスをした時を想像してみましょう

ウェイトをセットしてベンチに寝ころびます

グリップや身体の位置をセットしてウェイトを持ち上げます

ずしりとかかるウェイトを両腕で支持し集中!

息を止めて、胸までバーを下ろします

次に一気に上まで持ち挙げます

これで1REP(1回)

次に2REP目に入ります
こうやって繰り返しウェイトを挙げるのですが、例えば10RMなら11REP目でつぶれてしまいます。(10RMとは10回が限界の重さのこと)

ここで想像して下さい。
11REP目に入り胸までバーを下ろし、一気に挙げようとした時にどこまで上げられますか?

胸から1cmも上げられませんか?それとも胸から10cm~15cmくらいで引っかかりませんか?ふつうは胸から少し挙がったところで引っかかるはずです。肘が90度くらい

この挙げられなくなる所のことをスティッキングポイントと言います。

実は補助についてもらってこのスティッキンングポイントを通り越すように手伝ってもらえばあと数回トレーニングが可能になります(専門的にはスリー・モア・レプスと言います)

ブリッジを使うことで自分でもここを通過させることができます。(チーティング)

ではなぜスティッキングポイントがあるのでしょうか?

この答えは関節の角度によって発揮できる力は変わるからです

筋力自体は変わらない(もちろん筋疲労はします)ので、身体の構造上発揮しにくい角度があるのです。このへんは物理学ですね

ですからベンチのMAXが変わらずに悩んでいる方はこのスティッキングポイント周辺での筋力強化が重要になります。テクニック的にはアイソメトリックやネガティブでその周辺をトレーニングするのが一番ですね。

まきの院長はもともと、トレーニング指導が仕事だったのでトレーニング指導の専門家でもあります。トレーニングのアドバイスもお任せくださいね!

※ストレッチに関してもこのスティッキングポイント的なものがあると思います

その部分さえ伸びればもう少し可動域が増えるのです

トレーニング中級者向けのブログになりましたが、わからないことがあればコメント下さい

新座市志木駅まきの接骨院

048-487-1832

当院へのアクセス情報

所在地〒352-0001 埼玉県新座市東北2-35-9-102
駐車場なし 近隣にコインパーキングがございます
電話番号048-487-1832
予約お電話・メールでのご予約が可能です。(※自費治療は要予約)
休診日日曜、祝日、木曜午前中