腰痛・ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰の治療なら新座・朝霞・志木駅のまきの接骨院にお任せください。

腰痛は日本の国民病とも言われており、約1500万人が腰に痛みを抱えていると言われています。腰痛は運搬作業や勉強など長時間の同姿勢、スポーツ、育児など仕事や日常生活等の際に発症すると言われています。また、繰り返し痛みを訴える方も多いように感じます。

国民生活基礎調査でみると、腰痛は男性の1位であり、女性は肩こりに次いで2位という結果です。本当に腰痛患者さんが多いことが分かります。

腰痛の症状は大きく2つに分けることが出来ます。急性か慢性かです。
急性の腰痛とは、重い物を持ち上げたりスポーツ中に起きたケガによるものです。このような原因で出現する腰痛は、骨折や筋肉や靭帯の損傷だと言えます。
治療には骨を固定したり超音波治療、肉離れや靭帯の固定が必要でしょう。
これなら日に日に回復していくでしょう。

この他に慢性腰痛があります。これも多くの方が当てはまると思います。座っていると痛くなる方や特に何かしたわけではない(原因不明)が痛くなった方、立っている時間が長くて痛い、などがコレに当てはまります。もともと急性腰痛だったものが治らずに慢性化するものもここに含まれます。腰痛がはじめに発症してから3か月くらい経っている方は確実に慢性化していると言えます。

しかし、たいていの場合は組織の損傷はない状態で痛みを発しているようです。
実は腰痛の発症後、3週間も経てば軟部組織(筋肉や靭帯のこと)は修復されます。この期間を過ぎても痛みが変わらないのであれば慢性化は確実です。

腰痛時の身体を生理学的にみると、腰部の筋肉が血行不良に陥り、そのため酸素不足になります。酸素不足になった組織は痛みを発します。このように、腰痛は酸素不足が原因でも起きる症状です。そのための原因がいくつも考えられます。

例えば、同じ姿勢でじっとしていると筋肉が動かないため、血流が悪くなりますし、同じ動きを何度も繰り返すことも、循環不良をおこします。この他に筋肉の使い過ぎや、冷えや自律神経の問題などもあります。最近では下降性疼痛抑制系といって、ストレスによる脳の委縮が原因の一つであることが分かってきました。

原因は様々ですが上で説明した通り、腰の血流を改善すれば腰痛は改善します。アメリカの腰痛治療ガイドブックには市販薬(鎮痛剤)と腰部のマニュピレーション(マッサージ)で3週間後に8割以上が治ると言われています。

さらにこれも多いのですが、MPS(筋筋膜疼痛症候群)と言ってトリガーポイントの発生や筋スパズム(痙攣)も原因と多い様に感じます。どちらにせよ骨折や肉離れ、靭帯損傷以外は慌てる必要はありません。筋肉の問題なので筋肉へのアプローチで改善及び治癒させることが出来ます。

またこの他にも、腰痛を劇的に改善させることが出来るアプローチもあるのです。
あまり、日本では知らない方も多いですし、一般的ではないようですが・・・

保険治療で治らない様な、昔から繰り返す腰痛や何もしてないのに腰痛になる方は、20歳の頃からひどい腰痛を繰り返していたまきの院長が腰痛を克服した上記の様なアプローチが合っているかもしれません。

治したい!と思う方は整体でご予約下さいね!

急性のぎっくり腰は健康保険が使えますよ

 

 

腰痛

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒352-0001 埼玉県新座市東北2-35-9-102
駐車場なし 近隣にコインパーキングがございます
電話番号048-487-1832
予約お電話・メールでのご予約が可能です。(※自費治療は要予約)
休診日日曜、祝日、木曜午前中