TEL

腰痛の時は腰痛ベルトをする〇か✕か? | 新座市・朝霞・志木駅 まきの接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2017 7月の記事一覧

腰痛の時は腰痛ベルトをする〇か✕か?

2017.07.28 | Category: Q&A,スタッフブログ

腰痛の時は腰痛ベルトをする〇か×か?

 

答えは×です

腰痛ベルトはしないでください!

まきの接骨院では腰痛ベルト(コルセット)はしないことを勧めています。

〇を選んだ方、ウルトラクイズだったら泥んこですよ!

まきの院長も実はかなりの腰痛持ちでした。

今は全然平気です。たまに痛いこともありますが、原因は分かっているし対処法も知っています。

ですから、全く動けなくなるようなこともないです。腰のベルトは捨てようかと思っているくらい。

腰痛を克服した、まきの院長からのアドバイスは『腰痛の方はできるだけ腰痛ベルトはしないこと!』です

もちろん、激痛の時には4日以内くらいなら着けてもOKです。

腰痛ベルトをすると、腰痛が慢性化し治らなくなるので気をつけましょう!

安静にしなくてはならない腰痛は、腰椎骨折と内臓からくる関連痛による腰痛ですかね?

そうです。腰痛は恐れることはありません。

正しい知識を学べば、腰痛から解放される日もきます。

 

実はこの事実ほとんど知られていません。僕の友人の大繁盛しているような接骨院の院長先生でも分かっていないようでした。僕が知っている先生でこれを知っていて公言しているのは1人だけです。これを伝えない先生は知らないか、あえて言わないだけです。

当時の僕は何言ってんだよ。動けないくらい痛いのにベルトしないとか無理だろ!!と思っていました。しかし、真実は・・・

腰痛から解放されたい方は、腰痛を克服したまきの院長の整体をご予約下さい(宣伝w)

もちろん、スポーツや日常生活での突然の腰痛は健康保険施術も適応です(整体とは内容が異なります。

腰痛には腹筋強化が良い〇か✕か?

2017.07.28 | Category: Q&A,スタッフブログ

腰痛には腹筋強化が良い!〇か×か?

今回も腰痛の豆知識です。腰痛の方は読んでみてくださいね!ちょっと長いけど

まきの院長は元々スポーツクラブのインストラクターでした。

主な仕事は、クラブのお客さんに筋トレのメニューを作成したり指導していました

スタジオプログラムではボディパンプのインストラクターもしていましたし、パーソナルトレーニングで個人指導も受けていました。

画像は昔のまきの院長!!

ではなく、ネットから拝借しました

彼らはレスミルズのインストラクターです

その頃は自分で結構トレーニングもしていたし、知識もあると思っていました。ですから自信を持って腰痛があるお客さんには腹筋を勧めていました!

『腹筋が弱いから腰部に負担がかかります。ですから鍛えることで改善しますよ。

それではシットアップ(脚ひっかけて上体を起こす腹筋)頑張りましょうね!』

良くなった方もいましたし、変わらない方もいました。良くならない方は腹筋がまだ足りないと思っていました。

なので、答えは×です!

効いた人がいるなら×は言い過ぎ!と思うかもしれませんが、これは腹筋をしたことによる別の影響だと思います。

ですから、腹筋を特に強化する必要はありません。(もちろん日常生活に影響するほど弱いのは×)それに筋力アップはそんな簡単にしません。実際は筋力が上がる頃にはとっくに腰痛治ってます。ですから、腰痛が起きてから腹筋をはじめて治ったとしても、それは無関係です。

たいていの整骨院や整体院の先生は多分〇と答えるでしょうが、私の考えでは×ですね!

※最低限の腹筋は必要ですよ!

 

腰痛には腹筋強化は関係ない!なぜなら、

腹筋の緊張が腰痛を引き起すことがある

腹筋すると同時に腸腰筋も緊張する

更に大腿直筋も緊張する

また、骨盤を正しい位置にするのに腹筋を鍛えてもそれほど変わらない

※多分腹筋は反り腰を改善するには補助的な役割だと思う

 

筋力がかなり弱い方には効果はあるけれど、普通に日常生活を送って腹筋(シットアップ)もできるような方には意味はないと思います。

もし腰痛の方が腹筋をやるならシットアップよりプランクが良いでしょう!

 

実際に腹筋を毎日200回くらいやる強者が腰痛で来院したことがあります

腹筋の回数を減らしてもらったら治りました!

 

つまり、腹筋強化は腰痛改善にそれほど役に立たないです。

むしろ悪化する可能性があります

ですから、まきの院長は腰痛の方に腹筋をすすめることはほとんどありません。

むしろストレッチした方が効果的ですよ

 

このポーズが無理なら肘ついた状態からはじめましょう!

腰痛改善に腹筋はいらない!信じるか信じないかはあなた次第です!

身体の歪みが腰痛の原因である〇か×か?

2017.07.28 | Category: スタッフブログ

身体のゆがみが腰痛の原因である〇か×か?

実はこれは難しい問題なんです。私の答えは基本的には×です。

しかし、〇でもあります。

おいおい!意味わかんないですけど?と思うかもしれません。

問題として成り立ちませんが、重要なことなので敢えて○×クイズ形式にしました。

つまり、ある条件付きで〇になるという事です

 

ほとんどの人は歪んでいます。むしろ身体を安定させる人体の機構であるとも言えます。

あの有名な、ダビデさんも歪んでいますよね。

 

ミロのヴィーナスさんも歪んでいます

 

身体の躍動感を出すのが目的でわざと身体をくねらせてると言われればそれまでですが、

人間は立位の時にどちらかに体重をかけて立っています。

 

たいていはそちら側の脚が短くなっています

反対は長くなっています

実際に長さが違うのではなく、そう見えるだけですよ。

 

ダビデさんは右足荷重で右脚ショートの左脚ロングですね。

ヴィーナスさんも右荷重の様です。

実際に私たちも右に荷重している方が多いです。

 

つまり身体の歪み自体は昔からあったし、今もあるし、これからもあります。

腰の痛い人もいたくない人も歪みはあるんです。

だから、歪み自体は痛みではないんです。つまり×

 

じゃあなんで〇とか言ってんのよ??

これは、身体が歪むという事は伸びている筋肉と短くなっている筋肉があるという事です

ダビデさんで言えば、右脚の付け根に荷重して安定させているため常に緊張し硬くなっています。そうすれば立位が安定するから。プラスお尻も硬いはずです

さらに言えば左足の太ももも押すと痛いはずです。

 

このように身体の歪みは身体を安定させることはできるが、緊張する筋肉が出来てしまうんです。普通なら筋肉自体のリカバリー能力で問題ありませんが、かなり強く緊張するといたみが発生します。つまりMPS(筋筋膜疼痛症候群)です!

ある条件とはMPSが発生した場合、筋肉が原因で痛みが出るのです。

 

まとめ

身体の歪み自体は痛みにはならないが、歪みのせいで筋肉がかたくなると痛みになる!

同じようですが全然違う事なんです。

だから、予防には歪みを定期的に補正するのはありです。しかし、痛みが出てしまったら骨格の歪みを整えつつ筋肉にアプローチしなくてはなりません。

あっ!でも産後骨盤矯正のように明らかに骨盤にダメージを負っているのなら骨盤矯正はしておきましょう。当院でもやってますよ。

 

まきの接骨院

埼玉県新座市東北2丁目35-9

048-487-1832

お年寄りのヒザの痛み 

2017.07.13 | Category: スタッフブログ,症例報告

まきの院長です。最近は気温が高い日が続きますね。

熱中症には十分に気を付けてください!

 

まきの接骨院はスポーツをされている患者さんの来院が大半を占めています。

肩、肘、腰、股関節、ヒザ、足首などなど、たいていのスポーツ外傷やスポーツ障害には対応できます!

 

しかし、人数は少ないですが近隣のお年寄りの方にもいらして頂いています。

たいていは、ヒザや腰の方が多いですかね。

そのような症状もかなり改善している人も多く、痛みが消えて施術を終了される方も多いんです。

 

当院に来院されている方の例としては・・・

歩くと痛い

ヒザが曲がらない(正座が出来ない)

ヒザのうらが痛い

歩いていると途中で休まなければ歩けなくなる

腰が重い

腰が伸ばせない

 

もちろん、まきの接骨院ではこの様な症状も施術できます。

なぜなら、膝や腰はもちろん体に関する知識とそれに対応する技術(手技)があるからです

 

整形外科でレントゲンを撮ってお医者さんに『軟骨がすり減っている』 『半月板がつぶれている』 『変形している』 『ヒザの関節に骨棘(こつきょく)ができている』 『歳のせい』などと言われる方が多い様に思います。

 

ちょっとお聞きしたいのですが、あなたやあなたのお父様、お母様のヒザが痛い部位は内側ではないですか?レントゲン撮ったらヒザの内側がつぶれて狭くなっているから痛いと医者で言われた。
つぶれているんだから痛いのは当然でしょう?そう思われましたか?

 

本当は違うんです。

痛みの原因は別にあります。

だかろこそ改善できるんです。

 

ですから、まきの接骨院ではヒザの痛みが引いてきて歩ける様になったり正座があと一歩のところまで出来る様になったりする方がいらっしゃるのです。

※あまりにヒドイ変形では限界がありますが・・・

 

次に腰についてはどうでしょうか?

病院や整形外科で『様子見てこれ以上痛むなら手術しかない』 『脊柱管の狭窄がみられる』 『ヘルニア飛び出てそれが神経を圧迫している』などと説明を受けているかもしれません。

 

このような方も一生痛みが続くわけではありません。改善できるのです!

実際にまきの接骨院に来院された方で治らなかったらオペをすると言っていた方がしなくて良くなった例もあります。歩行中に歩けなくなって休まなければいけなかった方が、いつのまにか休まないで良くなったりします。

本気でお悩みの方はまきの接骨院ご相談くださいね

 

しっかり、治したい方はまきの院長の整体を受けてください

ずっと前から痛いとか、どこに行っても治らないとか、何年も通院しているが変わらない方とか、検査しても問題ないのに痛いとか、歳のせいと言われたとか、オペを考えているとか、このような方も私におまかせ下さい。根本原因と見つけて施術します

施術するには通院して頂く必要がありますし、症状によっては時間がかかるかもしれません。
完治とはいかなくても、今の施術が湿布、牽引、ウォーターベッド、施術ポイントを分かっていない整体院や整骨院で行うマッサージ等しか受けていない方なら間違いなく今よりはマシになるはずです。

まきの接骨院の整体

※症状によっては、健康保険が利用できます。しかし保険施術には制約も多く必ずしも健康保険が適応ではありません。まずはご相談ください。

 

お年寄りのヒザや腰痛もおまかせ!

2017.07.11 | Category: スタッフブログ,症例報告

まきの院長です。最近は気温が高い日が続きますね。

熱中症には十分に気を付けてください。

 

まきの接骨院はスポーツをされている患者さんの来院が大半を占めています。

肩、肘、腰、股関節、ヒザ、足首などなど

たいていのスポーツ外傷やスポーツ障害には対応できます!

 

しかし、人数は少ないですが近隣のお年寄りの方にもいらして頂いています。

たいていは、ヒザや腰の方が多いですかね。

かなり改善している人がほとんどで痛みが消えて施術を終了される方も多いんです。

 

当院に来院されている方は・・・

歩くと痛い

ヒザが曲がらない(正座が出来ない)

ヒザのうらが痛い

歩いていると途中で休まなければ歩けなくなる

腰が重い

腰が伸ばせない

もちろん、まきの接骨院ではこの様な症状も施術できます。

なぜなら、膝や腰はもちろん体に関する知識とそれに対応する技術(手技)があるからです

 

整形外科でレントゲンを撮ってお医者さんに『軟骨がすり減っている』 『半月板がつぶれている』 『変形している』 『ヒザの関節に骨棘(こつきょく)ができている』 『歳のせい』などと言われる方が多い様に思います

あなたやあなたのお父様、お母様のヒザが痛い部位は内側ではないですか?

内側がつぶれて狭くなっているから痛いんだから当然でしょう?そう思われましたか?

 

本当は違うんです。痛みの原因は別にあります。

だかろこそ改善できるんです。

 

ですから、まきの接骨院ではヒザの痛みが引いてきて歩ける様になったり正座があと一歩のところまで出来る様になったりする方がいらっしゃいます。

 

※あまりにヒドイ変形では限界がありますが・・・

 

腰で言えば『様子見てこれ以上痛むなら手術しかない』 『脊柱管の狭窄がみられる』 『ヘルニア飛び出てそれが神経を圧迫している』『下肢がしびれる』

 

このような方も一生痛みが続くわけではありません。改善できるのです!

実際にまきの接骨院に来院された方で治らなかったらオペをすると言っていた方がしなくて良くなった例もあります。歩行中に歩けなくなって休まなければいけなかった方が、いつのまにか休まないで良くなったりします。

 

本気でお悩みの方はまきの接骨院ご相談くださいね

しっかり、治したい方はまきの院長の整体を受けてください

 

ずっと痛いとか、どこに行っても治らないとか、何年も通院しているが変わらない方とか、検査しても問題ないのに痛いとか、歳のせいと言われたとか、オペを考えているとか、このような方も私におまかせ下さい。

施術するには通院して頂く必要がありますし、症状によっては完治までは無理かもしれませんが、今の施術が湿布、牽引、ウォーターベッド、施術ポイントを分かっていないで行うマッサージ、何もしていない方なら間違いなく今よりはマシになるはずです。

なぜなら、上記の施術では治るとは思えないからです。今まで治る可能性のある施術を受けていないのに治るわけがありませんから。

まきの接骨院の整体

 

この1ヶ月以上、整形外科や整骨院等どこにも通院していなくて最近強い痛みが出た方は保険が適応のこともあります(もちろん整体の内容ではありません)

しかし、保険施術に矯正(+540円)を足せば整体ほどではないにしろ効果の高い施術が受けられます。

やまだ先生 寝違える

2017.07.06 | Category: 症例報告

上の写真は施術後の写真です(施術前は右に向くことが痛くてできませんでした)
やまだ先生が寝違えてしまったので、寝違え施術しました

右に向けない

右に首を倒せない

上が向けない

という状況でした

 

首の骨の矯正と首の筋肉の調整でご覧の通りむしろ右の方が動きが良い状態になりました!(BEFOREを取り忘れましたが左の写真より動いてない状態でした)

 

施術後は若干痛みは残る程度になり、翌日は違和感、そして今日は完治しています

 

起きて数時間で消えない寝違えは施術した方がいいですよ。

本気で長引くと数週間から数カ月痛い方もいます

 

まきの接骨院では寝違え施術のやり方を確立しているので、たいていのものは数回の施術で完治します。電気だけでは治らない寝違えは手技施術有効です!

 

現在、メディセル筋膜療法体験キャンペーン実施中です

脚がだるくなるこの時期におすすめです

山田先生のマッサージを受けたい方はボディケア30分でご予約ください

寝違えは健康保険適応です