TEL

労災(労災保険) | 新座市・朝霞・志木駅 まきの接骨院

お問い合わせはこちら

労災保険は仕事中や通勤中にケガをした場合に労災保険適用で行う施術のことです。軽度、重度のケガの関係はなく、業務中や通勤中の移動時に負ったケガは一部の例外を除いて労働災害となります。
まきの接骨院は厚生労働省の労災指定医療機関として認定されていますので、安心して施術を受けることが出来ます。

例えば以下の様な場合が考えられます
・通勤中に階段から転落して足を『捻挫』してしまった
・重い荷物を運んでいたら『ぎっくり腰』になった
・高い足場から転落し肩を『打撲』した

Q:労災の施術費はいくらですか?
A:労災施術では施術費がかかりません(0円)
ただしテーピングやコルセットは施術費として認められません。

Q:現在、整形外科(整骨院)に通院中ですがまきの接骨院に転院できますか?
A:労災施術では転院が認められています。当院は、労災指定医療機関として認定されておりますのでご安心ください。

Q:まきの接骨院に通院する場合の手続きを教えてください
A:事故の状況などを記入した指定の用紙を持参して頂ければOKです。
会社で労災を使えるかどうかを確認してOKならば、施術を開始します。
(用紙は後日でかまいません)

Q:労災の用紙とはどんなものですか?
A:労災の書類は通勤中と勤務中で違います。
また医師とは違い柔道整復師用の書類になり、会社でもらうことができます。
・通勤中の事故である場合は 様式第16号の5(3)
・勤務中の事故である場合は 様式第7号(3)

 

労災保険流れ

事故発生(通勤中に足をくじいた・重い荷物運搬中に腰を痛めた)

会社に事故の発生を伝え書類を作成してもらう

書類をまきの接骨院に持参する

施術開始

しかし、実際には書類作成には取り寄せから作成までに時間がかかることが大半です。その間に施術ができない場合は困ると思いますので、会社からのOKが出た場合は施術を開始することができます(預かり金として毎回施術料をいただきますが、書類持参時に全額返金いたします)

仕事中や通勤中のケガは労災保険の適応ですので、気後れせずに会社側に伝え労災保険利用の了承を得ましょう。