膝の痛み(オスグッド、変形性膝関節症など)

あなたのお子さんはオスグッド病と診断されていませんか?

きっとこのページにいらした方はこんな状況ではないでしょうか?
あなたのお子さんが膝の下が痛いと訴えていて、よく見ると膝の下の骨が出っ張っている、さらにその出っ張りを押すとかなり痛がる。

あわててサッカーチームの友人のお母さんや監督・コーチに相談すると整形外科や整骨院をすすめられる。

整形外科ではレントゲンを撮って、画像を確認しオスグッド病の診断が出る。運動を中止し安静にするように言われ、湿布を出される。

また、整骨院では『オスグッドですね』と言われ、やはり安静をすすめられ、電気治療と太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)のマッサージやストレッチをされる。

しかし、通院するも一向に良くならずサッカーどころかしゃがむことさえできない日々が続いている・・・

 

オスグッド病を良くご存知ない方の為に説明しておきますね
特に成長期のお子さん(小・中学生男子)に多く見られる膝の症状です。膝下の骨が太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)に引っ張られて付着部に炎症を起こします。ひどくなると骨が剥がれて、裂離骨折になってしまうこともあります。患部の「熱感」「発赤」「圧痛」「運動時痛(しゃがめない・走れない)」などが特徴です。osgood_schlatter_01

日頃から激しくスポーツをされているお子さんや成長期で太ももの筋肉が硬くなっているお子さんに発症しやすい。治療には骨を引っ張っている筋肉(大腿四頭筋)を緩めること。また、骨の付着部が裂離しかけているなら炎症を抑える必要があります。

大腿四頭筋に引かれて膝蓋腱が骨から裂離してしまう。つまり、原因は太ももの前の筋肉が硬い為と言われていて、ひどくなると骨が剥がれて骨折になります。ですから太ももの前のストレッチやマッサージをすることで回復を目指すのが一般的な治療法なのです。

実は私も、ずっと、太ももの前(大腿四頭筋)のマッサージとストレッチで治療をしていました。しかし、コレあまり効かないんです。いつまでも痛みが続き治りにくい。

オスグッド病は成長痛とも呼ばれています。そして圧倒的に小学生後半~中学生の男子に多いんです。

また女の子でオスグッドになる子は少ないのです。成長時の痛みなら全員が経験するものだと思いませんか?むしろ女の子の身長の伸び方はすごいですよね。そこに気づいてからはマッサージで治せるものだという確信が湧きました。

そこで、まず私は大腿四頭筋だけではなく、周りの筋肉への施術も増やしていきました。そこで分かったことは大腿四頭筋が全ての原因ではなく、他の部位(筋肉)のせいで膝に負担がかかっていることがわかったのです!
※もちろん大腿四頭筋が原因の事もあります。

私はオスグッド病に対して私は周りの筋肉の影響だと考えています。

大腿四頭筋だけでなく、本当の原因を探し治療する。これを始めてからオスグッドの治療成績がグンと上がりました!

治療は電気治療とマッサージがいいようです。さらに当院で行っている【筋膜リリース】を併用することで数回の治療で痛みが消え回復したケースもあります。

もちろんレントゲンやエコー検査で観察すると骨の剥離や損傷を起こしてしまっている重症例もあります。

このようなケースでは骨折の一種になるので超音波などの特殊電気治療が有効です。もちろん当院のアメリカで多く普及されているChattanooga製のIntelect Legend Ultrasound Therapy Machineも効果あります。

一般的にUltrasound(超音波)をかけることで骨折の癒合が早まると報告されています。

つまり骨でっぱり部分の損傷には超音波治療で対応し、さらにそこに負担をかけた筋肉や姿勢をマッサージすることで、痛みを軽減させたり痛みが起きにくい筋肉のバランスや状態にする必要があるのです。

本当の原因を見つけ継続的な治療をすれば、ほとんどのお子さんの痛みは軽減しサッカー等のスポーツに復帰しています。

この他にもサッカーに多いケガとして、足首の捻挫、膝の捻挫、グロインペイン(股関節痛)、腰痛、シンスプリント、腸脛靭帯炎、ももかん等も治療できますよ。

これらのスポーツ外傷・障害のほかにも変形性膝関節症などもありますよね?完全に変形を起こしている骨をまっすぐにすることはできませんが、痛みを軽減させることができます。正座ができるようになることも結構ありますよ。

膝の症状でお困りの方はまずはご相談ください!

サッカー1 (2)

 

当院へのアクセス情報

所在地〒352-0001 埼玉県新座市東北2-35-9-102
駐車場なし 近隣にコインパーキングがございます
電話番号048-487-1832
予約お電話・メールでのご予約が可能です。(※自費治療は要予約)
休診日日曜、祝日、木曜午前中