TEL Web予約

腰椎すべり症・腰椎分離症 | 志木駅徒歩1分にある新座市で人気の接骨院

お問い合わせはこちら

腰椎すべり症

腰椎すべり症は、腰椎(腰の骨)が正常な位置から前方にずれてしまう症状です。主に腰椎変性すべり症と腰椎分離すべり症の2つに分類されます。また先天的なすべり症もあります。

腰椎変性すべり症は加齢とともに腰椎や椎間板などが変性・変形し徐々に正常な位置からずれてしまい発症します。第4腰椎及び第5腰椎に多いとされています。

腰椎分離すべり症は、腰椎の変性・変形や上下の腰椎をつなぐ関節部の骨折などによっておこる腰椎分離症の後に発症します。腰椎分離症はスポーツによる使い過ぎなどで起こることも多く若い世代にも見られます。第5腰椎の分離が起こることが多く第5腰椎とその下の仙骨がずれてしまうケースが多いとされています。

腰椎すべり症の症状は、腰痛、下肢の痛み、しびれです。症状の強い場合は間欠性跛行と言っておしり、ふともも、ふくらはぎに痛みやしびれが出て歩行が困難になります。

腰椎が正常の位置からずれることで脊髄や神経を圧迫することで、症状が出ると考えられています。

腰椎すべり症はまず保存療法が選択されるのが一般的です。病院では物理療法や投薬などでしばらく様子を見ることになります。腰部の筋肉強化や柔軟性向上、血液循環不良改善も効果があるかもしれません。運動は悪化する可能性もあるので専門家の指導の下に行うことをお勧めします。

 

まきの接骨院の腰椎すべり症の治療

腰椎すべり症の症状を起こすのは腰椎がずれることで脊髄や神経を圧迫して起こると考えられています。レントゲンやMRIなどで撮影すると明らかにずれが確認できますので、それが原因と病院では説明されます。

病院の治療では、症状がひどい場合は腰椎のずれを正しい位置に戻し上下の骨との関節をプレートなどで固定することでずれを治す手術が行われます。腰椎のずれはなくなりますが、結果的に回復せずに症状が継続する方も多くいらっしゃいます。

また、ずれはあるが保存療法の期間に症状が無くなる方もいらっしゃいます。
この場合、ずれはそのままですが痛みやしびれが落ち着きあまり感じなくなるということです。

そもそも神経は圧迫には強く少々圧迫されても何も起きません。もし圧迫に弱い組織であれば歩いているだけで足底の神経は痛みやしびれるでしょうし、座っていればおしりや下肢も症状が出ます。寝ていても背中の神経はつぶれているはずです。

さらに、神経が圧迫されて症状が出る場合は麻痺が起きます。麻痺は運動神経麻痺と感覚神経麻痺なので例えば足が動かせない、痛みを感じないという症状でなくてはなりません。

これらの事を考えると以下の状況はおかしいと疑うべきです。

・腰椎すべり症と診断されたが、症状が出る時と出ない時がある
→神経圧迫があるなら常に症状が出ているはず

・神経の麻痺症状は無い(動かせない・感じない)
→麻痺が起きていないのは神経が圧迫されて正常な機能ができていないだけ、もしくは筋肉からの症状であるトリガーポイントが原因の可能性大

・ストレッチやマッサージを受けると痛みやしびれが軽減する
→腰椎のすべりが原因であれば腰椎の位置の問題であり、ストレッチをしても変化はないはず

・身体を動かさなければ痛みはない
→体内にある腰椎の問題ならば動かしていない状況でも腰椎の位置は変わらないので痛いはず

・温めると痛みが軽減する
→温める効果は血流のアップであり腰椎の位置には関係ない

ここから考えると、ストレッチしたり温めたり、体操したりしても腰椎のすべりには関係ないはずのもので軽減することがあります。実際に病院で診断された後のリハビリでもストレッチなどが推奨されているはずです。腰椎のずれが原因としながら、リハビリは筋肉を狙っているのです。

大事なことは実は痛みと構造の変化は関係がないという事です(すべって正しい位置に腰椎がないと腸腰筋などが引っ張られて腰痛を起こすことは十分ありえますので、全てが関係ないわけではありません)ですので、当院では腰椎の位置を無理やり戻す様な施術は行いません。それよりも周りの筋肉の緊張や神経へのアプローチを行います。そうすればすべり症だけど痛みはないし行動に何の問題もないという身体になれると考えています。

成長期の骨折である腰椎分離すべり症であれば、骨がくっつく可能性もまだありますので無理な運動は避ける方が良いかもしれませんが、大人の方が数年前に診断されたものであれば特に安静は意味はないかもしれません。

オペは腰椎の位置のずれが痛みなどの原因だと考えて行うものです。痛みの原因が骨のずれでない場合にはオペをしても変化はないです。これがオペをしても痛みが治らない原因でしょう。

腰椎は前方へすべっていても、麻痺なく痛みも特になければ良い!という方はぜひ当院へご相談ください。