TEL

スポーツ障害・スポーツ外傷 | 新座市・朝霞・志木駅 まきの接骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害・スポーツ外傷

その痛みはスポーツ障害?それともスポーツ外傷?

                 

スポーツ障害とは
特定の部位に繰り返し力が加わり軟部組織を損傷してしまうもので、野球肘、野球肩、テニス肘、ランナー膝、オスグッド病、シンスプリントなどが挙げられます。

スポーツ障害を起こす原因として使い過ぎはもちろんですが、使い方の間違い(悪いフォーム)なども考えられます。原因を修正することでスポーツ障害の再発予防をすることができますし、パフォーマンスアップにもつながります。

 

スポーツ外傷とは
特定の部位に一瞬で強い力が加わり軟部組織を損傷してしまうもので、打撲、足首捻挫、肉離れ、骨折、脱臼などのケガの事を指します。

スポーツ外傷を起こす原因は、転倒、転落などから足首をひねったり、相手との接触など様々な原因が考えられます。

                   photo_1

あなたの症状は障害ですか?外傷ですか?

まきの接骨院では、あなたの症状が障害なのか外傷なのかを見極め、最も的確な施術を提案します。下記の症状を確認し見極めていきます。

熱感

腫れ

発赤

痛みの度合い(使ったときに痛いか?何もしていないのに痛いか?)

痛めた日からどのくらいたつか?

痛めた原因は何か?

 

他の整骨院で良くならなかった理由とは?

スポーツ中に起きた痛みや不調の原因が何なのかわかっていないケースが多いようです。

例えば肉離れと言われる症状があります。

これは読んで字のごとく筋肉が切れた状態のことを言います。

当院にも肉離れをしたとおっしゃって来院される方がいますが、実は切れていないことが多いです。

筋肉の一部に突然痛みが出ると『肉離れ』と単純に判断をする先生が多いようですが、実際は筋肉の損傷はなく一部が強く収縮している状態になっていることが多いのです(スパズムと言ってつっている状態)

安易に肉離れの診断を受けシップや固定をされた場合、治りが悪くなります。何故ならスパズムであった場合は固定はしてはいけないのです。ストレッチや動かして治すことが大切です。

このように診断自体を誤ると全く逆の治療になってしまうケースがあることがあります。

このようなことを知らない治療院では治らない・治りにくいことが多いのも当然かもしれません。

また他院では、スポーツのケガで来院する方がほとんどいない整骨院などもあるようです。もしそのようなところに行っても、ある程度は回復するでしょうがリハビリの際に苦労したり、完全に症状が収まってからでないと運動の許可が下りないかもしれません。(当院ではできるだけ動かしながら回復を目指しま

この経験値の差が他院との違いと言えるでしょう。

 

当院での改善法

例えば足関節捻挫のような『外傷』であれば、可動域や損傷部位を確認し、超音波や干渉波などの電気および早期回復のための手技を行います。その後必要に応じ固定などの処置を行います。

シンスプリントのような『障害』であれば、可動域や疼痛部位や疼痛発生動作などを確認し電気および手技を行います。手技はトリガーポイントなどを考慮した筋肉への施術になります。

筋肉のスパズムであればストレッチやマッサージ運動療法などが効果的です。

早期回復し、スポーツに復帰できるようにサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。