TEL Web予約

スポーツ障害・スポーツ外傷 | 新座市・朝霞・志木駅 新座市まきの接骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ障害・スポーツ外傷

その痛みはスポーツ障害?それともスポーツ外傷?

                 

新座市まきの接骨院には、新座市、朝霞市、志木市など近隣の学校の部活やスポーツをしている学生さんはもちろん、フットサルやジョギングや野球等をされている大人のスポーツ愛好家の方が来院されています。

当院では、できるだけスポーツを休まずに続けられるように考え治療しています。

もちろん、運動しないほうがいい場合は安静を指示させて頂いています。

院長は元スポーツクラブのトレーナー経験もありますので、トレーニングやストレッチなどの専門的な指導が受けられることもスポーツをされている方には選ばれている理由かもしれません。

また、スポーツ中のケガだけでなくお子様の成長痛の治療に関してもお任せください。

 

スポーツ障害とは
特定の部位に繰り返し力が加わり軟部組織を損傷してしまうもので、野球肘、野球肩、テニス肘、ランナー膝、オスグッド病、シンスプリントなどが挙げられます。

単純に練習のし過ぎ等も含まれます。

スポーツ障害を起こす原因として使い過ぎはもちろんですが、使い方の間違い(悪いフォーム)なども考えられます。原因を修正することでスポーツ障害の再発予防をすることができますし、パフォーマンスアップにもつながります。

 

スポーツ外傷とは
特定の部位に一瞬で強い力が加わり軟部組織を損傷してしまうもので、打撲、足首捻挫、肉離れ、骨折、脱臼などのケガの事を指します。

スポーツ外傷を起こす原因は、転倒、転落、相手との接触など様々な原因が考えられます。

                   photo_1

あなたの症状は障害ですか?外傷ですか?

新座市まきの接骨院では、あなたの症状が障害なのか外傷なのかを見極め、あなたに合った的確な施術を提案します。

問診では、痛めた理由、痛む部位、可動域、運動内容、徒手検査、痛めてからの期間などを伺い、あなたの症状が障害なのか外傷なのかを考え施術していきます。

この見極めが治療方針を決める上で大事になってくるのです。

症状のひどい場合は提携する整形外科に紹介することもできます。

 

他の整骨院で良くならなかった理由とは?

スポーツ中に起きた痛みや不調の原因が何なのか、わかっていない整骨院も多いようです。

例えば肉離れと呼ばれる症状があります。

これは読んで字のごとく筋肉が切れた状態のことを言います。

当院にも肉離れをした!とおっしゃって来院される方がいますが、実は切れていないことが多いです。

筋肉の一部に突然痛みが出ると『肉離れ』と単純に診断をする先生が多いようですが、実際は筋肉の損傷はなく一部が強く収縮している状態(スパズム)になっていることが多いのです。

安易に肉離れと考えて固定や安静をした場合、回復が悪くなることがあります。

何故ならスパズムであった場合はテーピングやサポーターはしないからです。

ストレッチや軽くでも動かすことが効果的です。

このように最初の見極めを誤ると全く逆の施術になってしまうケースがあります。

新座市まきの接骨院と他院との違いは、しっかりと原因を見極めることのできる経験や知識の差ということになるでしょう。

 

当院での改善法

例えば足関節捻挫のような『外傷』であれば、可動域や損傷部位を確認し、超音波や干渉波などの電気および早期回復のための手技を行います。その後必要に応じ固定などの処置を行います。

シンスプリントのような『障害』であれば、可動域や疼痛部位や疼痛発生動作などを確認し電気および手技を行います。手技はトリガーポイントなどを考慮した筋肉への施術になります。

早期回復し、スポーツに復帰できるようにサポートいたしますのでお気軽にご相談ください。