TEL

スポーツ時の痛み | 新座市・朝霞・志木駅 まきの接骨院

お問い合わせはこちら

スポーツ時の痛み

スポーツ時の痛みはスポーツ外傷とスポーツ障害に分類されます。

スポーツ障害とは、特定の部位に繰り返し外力が加わり軟部組織を損傷してしまうもので、野球肘、野球肩、テニス肘、ランナー膝、オスグッド病、シンスプリントなどがこれに当てはまります。

スポーツ障害は、骨折や脱臼などと違い、繰り返しの練習で障害が発生しますので、はじめは痛みがあっても我慢して練習を続けることができます

images

しかしケアをせずに使い続けると症状が悪化してしまいます。悪化して治りにくくなる前に、施術を開始することが大切です。

スポーツ障害を起こす原因として使い過ぎはもちろんですが使い方の間違い(悪いフォーム)なども考えられます。

原因を解決することでスポーツ障害の再発予防をすることができますし、パフォーマンスアップにもつながります。

photo_1

 

スポーツ外傷はスポーツ中に起きた【ももかん】のような打撲、足首をくじく捻挫、肉離れ、骨折、脱臼などのケガの事を指します。

例えば肉離れ一つとっても、筋肉のどこがどの位損傷していて固定が必要なのか?運動を続けられるのか?冷やした方がいいのか?温めればいいのか?そもそも肉離れではないスパズム(筋けいれん)の時もあります。判断が難しいこともありますので、スポーツ中にケガをした場合は早めにご来院ください。

まきの接骨院では、あなたの痛みが外傷なのか障害なのかを見極め、最も的確な治療をおすすめします。

またその後のトレーニングやストレッチなどもアドバイスしますのでご安心ください。