TEL Web予約

腰痛・ぎっくり腰 | 新座市・朝霞・志木駅 新座市まきの接骨院

お問い合わせはこちら

腰痛・ギックリ腰

まきの接骨院の腰痛施術はなぜ効果を実感できるのでしょうか?

もし、あなたが腰痛で悩んでるのなら早急に改善させる必要があります。なぜなら腰痛を放置すると、症状が悪化して治りにくくなることが多くの研究で分かってきています。

完全に慢性化すると常に腰痛を抱えて生活しなくてはいけません。

実は院長の私も25年ほどの慢性腰痛を抱えていました(現在は完治です)

自宅でシップやストレッチ等の改善策を試しても腰痛が回復しないのであれば、早急に腰痛原因へのアプローチが必要になります。なぜなら放っておくと私のように腰は痛くて当たり前のマインドになって、何かをするときに腰に負担がかからないかを考えるようになってしまうからです。

その腰の悩み、おまかせください。

腰痛の専門家があなたの症状を解決します!

 

腰痛が良くならなかった理由とは?

腰痛の原因は大きく分けると、急性腰痛もしくは慢性腰痛に分類できます。

急性腰痛とは、重い物を持ち上げたりスポーツ中に起きたケガによるもので、このような原因で出現する腰痛は、骨折、筋肉や靭帯のケガや炎症によるものです。

慢性腰痛は、座っているとだんだん腰が痛くなる方や、特に何もしていないのに腰が痛い方、寝起きだけ痛い、何かをしていなくてもいつも痛い、などがこれに当てはまります。

当然、急性症状に慢性症状の施術をしたり、この逆の施術をしても意味がありません。

分かりやすく足関節の捻挫で例えますが、足首をくじいた直後に足首をグルグル回して動かしたらダメですし、山登り等て疲労した足(慢性症状)にギプス固定はしてはいけません。

今までどちらかの治療院で施術しても良くならなかった理由は、このような症状の分類をきちんとせずに、どの患者さんにでも同じ治療を行っていたからではないでしょうか?

 

まきの接骨院の腰痛改善法

急性腰痛であれば損傷した組織を固定したり、血行を良くすることで改善されます。回復状況によって動きを改善するリハビリへと移行します。

 

慢性腰痛では、筋肉にできたトリガーポイント(こり)やスパズムによって強い痛みが出ている可能性が高いです。これにアプローチすればあなたの腰痛は改善されると思われます。安静にするより運動など動かす方が早く回復を望めます。

下の図は腰・背部のトリガーポイントです

慢性腰痛の原因はトリガーポイントが関係していることが多いように思います。あなたの腰痛にも、これらのポイントにアプローチする必要があるかもしれません。

もちろんこの図だけでなく、他にも腰部の痛みを引き起こすポイントがあります。


 

トリガーポイントができてしまう原因は?

・骨盤や背中や肩甲骨などのゆがみ

・全体の姿勢の悪さ

・運動不足

・その他(生活習慣や脳・神経の問題)

このトリガーポイントのほかにスパズムという症状もあります。

スパズムとは?

スパズムとは筋けいれんのことを指します。簡単に言うと筋肉がつっている状態です。

もしあなたが、足の筋肉がつった経験があれば痛みを思い出してみてください。

筋肉が盛り上がり、歩くことはおろか安静にしていても痛みを感じていたでしょう。

筋肉のつりが解けてはじめて痛みが落ち着いたはずです。

このスパズムが腰部の筋肉に起きると(筋肉全てではなく一部がつることもあります)腰痛が起きます。腰の筋肉が動くたびに強い痛みが出てしまうのです。

このスパズムは一瞬ではなく長期に継続されることもあります。

 

トリガーポイント治療だけで腰痛は治りますか?

たいていはMPSと呼ばれるトリガーポイント筋スパズムを取ってあげれば腰痛は解決します。しかしこの他にもいくつか原因が考えられるのです。例えば、関節の機能障害(骨盤のゆがみ等)や、抹消神経による症状(坐骨神経痛やおしりのしびれ等)、さらにメンタル(心因性腰痛)や脳機能が腰痛(痛み全般ですが)に関わってくることも分かっています。

腰痛になると、毎日辛いことは私は身をもって経験しています。あなたのできることから実践していただけるようにアドバイスしますのでご安心ください。

 

以下のページも併せてご参照ください

健康保険施術

以前からの腰痛・症状のひどい方(ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症など)

筋膜リリース