TEL

肩こり・首こり | 新座市・朝霞・志木駅 まきの接骨院

お問い合わせはこちら

肩こり・首こりでやってはいけない治療とは?

肩こりは国民生活基礎調査で女性の悩み第一位になるほど悩んでいる方が多い症状なんです。一般的には、日常生活や仕事の姿勢や行動によって首や肩に負担がかかることが原因と考えられています。

 

あなたはこんな症状で悩んではいませんか?

 パソコンを続けるとだんだん肩が痛くなってくる

 お子さんを抱っこしていると必ず痛くなる

 昔から姿勢が悪く猫背やストレートネックと言われている

 首から肩の後ろ、腕にしびれや違和感、痛みがある

 美容院で肩を揉んでもらうときに、必ず硬いですねと言われる

 肩甲骨の可動域が狭くなっている(運動不足)

 ひどいときは頭痛や吐き気が出て、家事もままならない

・上記のような症状は肩こり・首こりで悩んでいる方に多い症状です。あなたにも当てはまるものがあるのではないでしょうか?

 

他院で治らない理由は?

肩や首が痛いからと言って痛みのある部位だけ施術していませんか?

強く首をゴリゴリ押され、余計に首・肩が緊張していませんか?

肩こりの原因が頸椎のズレと言われていませんか?

牽引機などで首を引っ張っていませんか?

腕のしびれは神経がつぶされているからなどと説明されていませんか?

・上記のような施術や説明は、当院ではお勧めしていません。施術部位が間違っていたり、施術効果が証明されていないものであるからです。

今までのずっとまじめに通院していたのに、効果が感じられないとしたら、効果が出ない治療(施術方法や施術部位)をしていただけかもしれません。

 

具体的にはどのような施術をするの?

今までは肩や首のこりを整骨院や整体院で施術を受けた場合、部位をゴリゴリとマッサージをされたのではないでしょうか?

しかし、トリガーポイントの考え方では、この中央の図の様に×印のポイントに施術をしないと効果は出ないのです。

赤い部分が痛みのある部位

×印が治療するべきポイント(トリガーポイント)

あなたがどこかでマッサージを受けて、施術後には楽になるけど、すぐに戻ってしまうという経験はありませんでしたか?

これは、施術後には首や肩の緊張がほぐれ、血行が良くなり酸素が運ばれている状態です。これは痛みが軽減している状態になります。

なので数時間から数日間は痛みが軽減するのです。

しかしそれよりも必要なことは根本原因へのアプローチです。

例えば下の図のように痛みの出る部位と治療ポイントを記したトリガーポイントの図があります。

この部位にアプローチをすることで徐々に原因である筋肉が解除され肩こりが収まってくると考えられるのです。

これを知らない先生の施術では、肩に穴が開くような強い指圧を受けているかもしれません。当然、逆効果なのですぐにやめるべきです。

身体は強い刺激から身体を守ろうとして筋肉や皮膚が硬くなるのです。その硬くなった筋肉に負けないように指圧をしてもらい、それに対し守る・・・

この繰り返しでますます肩こりが治らなくなるのです。ですので、強い指圧はおすすめできません。

 

首の付け根の痛み・こめかみの痛み
※こめかみの痛みは首の後ろ側治療が必要になります。

首の付け根の痛み・肩甲骨内側の痛み
※肩甲骨の内側の痛みは肩甲骨の内側をほぐしてもダメかもしれません。

 

図のような筋肉に対し適切な力と時間で施術することでトリガーポイントは解除され症状が楽になってきます。この際の力は実はそれほど強くありません。しかし神経が過敏な状態になっているのでかなり弱い力の治療でも痛みを感じるかもしれません。もちろん力加減は患者さんとお話ししながら治療しますのでご安心ください。無理に治療することはありません。

肩甲骨はがしもおすすめです

このトリガーポイントの施術の他に肩甲骨の動きを改善させる、肩甲骨はがしも効果が高いと言われています。

肩甲骨は背中にある1対の三角形の骨で運動学的にかなり自由に動く骨です。しかしインナーマッスルが緊張したり硬くなっていると肩甲骨は固定されて動きが悪くなります。こうなると腕の動きや、首の動き、背中の動きが制限されてしまうのです。

これによって重度の肩こりを起こしてしまうこともしばしばあります。
そこで、肩甲骨の動きを回復させる手法として【肩甲骨はがし】が注目を浴びています。


このような施術を行うことで肩こり症状は徐々に解消していくのです。

肩甲骨が動くことでそれに繋がる首や背中の筋肉もストレッチされるのです。結果的にさきほどのトリガーポイント施術の効果が持続するのです。この肩こり専用施術を受けるには予約が必要です。ボディケアでご予約くださって頂ければ対応いたします。